過払い金は賢く取り戻そう

過払いとは過払い金のことを意味します。


お金を借りる時の利息の上限は、利息制限法で決められています。これを超える利息でお金を借りることはできません。

産経ニュースの情報を掲載しています。

つまり上限を超えた利息で借入れ、返済した場合、本来支払う必要のない利息を支払ったことになります。

これを過払い金と呼びます。

もし、過去に上限を超えた利息で返済をしていた経験がある場合は、払いすぎていた利息分を計算し、その額を返還請求することによって取り戻すことができます。
取引先と交わした契約書や取引履歴が残っていないという場合でも、条件によっては請求することができるかもしれません。

しかし、返還請求をおこなうには期限があるので注意しなくてはいけません。



最後に借入・返済をした日から10年が経過していると時効で消滅してしまうのです。


また、原則としてすべての取引が対象となるので、一定期間取引がなかったとしても、最後の取引から10年経っていなければ取り戻すことができます。


時効が完成すると、お金は取り戻せなくなってしまうのですが、過払い金があるのにもかかわらずよくわからないからといって寝かせたままにして何もしない人が多数います。何もしなければ、取り返せたはずのお金も取り返せなくなってしまうのです。

過払い金請求は自分でおこなうことも可能ですが、長い時間と労力を伴うかもしれないものなので、信頼のおける弁護士に相談するべきでしょう。

プロに任せることで、依頼者の負担は軽減されます。

アイフルの過払いに関するお悩み解決にはこちらです。