WEB会議の機能と活用方法

WEB会議はインターネットを経由して離れた所にいる人と同じ場所にいるように対話できます。社内のコミュニケーションが促進されたり、出張費が節約できたりと様々なメリットがあるため色々なシーンで利用されています。会議に使うパソコンにWEB会議ソフトをインストールしてWEBカメラとヘッドセットを繋げれば構築できます。非常に手軽に始められるのが特徴です。

WEB会議システムは声や顔だけでなく、会議資料などのデータをモニタで共有したり、ホワイトボードのアプリケーションで文章や図形をマウスや電子ペン使って描くことができたり、モニタをリモート操作したりできます。また会議を録画して保存しておくこともできたり、テキストチャットで文字でコミュニケーションをとったり、パソコンからだけでなく、スマートフォンやタブレットからでも会議に参加することができます。セキュリティも大事ですが、WEB会議の内容は暗号化されて、盗聴や盗み聞きを防ぎます。WEB会議システムは会議だけではなく、一人の講師などに対し多くの受講者がいるオンラインセミナーや社員研修にも使うことができます。

ソフトウェアによってはアンケートをとる機能や受講者が挙手できる機能などがあり充実したオンラインセミナーや社員研修を開催できます。また、ヘルプデスクの窓口になってお客様からの疑問を解決することができます。画面を共有する機能を活用して分かりやすい説明ができたり、お客様のパソコンをリモート操作する機能を使って対応することもできます。このように色々な場面で活用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*