WEB会議を導入する利点とコストについて

遠隔地にいる相手を交えて会議を行う事が出来る利点、インターネットに接続できる環境であればどこでも会議に参加する事が出来るなどの利点を持つのがWEB会議です。従来のテレビ会議などと違って専用回線を利用する事無く、遠隔地にいる相手を交えて会議を行える事からも、WEB会議を利用する企業が増えています。また、WEB会議のメリットの一つに情報の共有化が図れると言う事が挙げられます。情報の共有化と言うのは、文書類のドキュメントの共有化やアプリケーションの共有化などが挙げられます。

特に、アプリケーションの共有化はクラウドサービスを利用する事で、会議参加者のパソコンに専用のアプリケーションが無くてもファイルを開いたり、編集を行なったりすることが出来ると言うメリットが在ります。情報の共有化が図れるのでペーパーレスで会議を行う事が出来るなど、経費の節減にも役立ちますし、紙の資料はファイリングをすることで収納スペースを必要としますが、パソコンの中で情報が共有化する事で収納スペースを取らないなどのメリットにも繋がります。尚、WEB会議を導入する事で遠隔地にいる人々を、一つの会議場所に集める必要が無くなるので、移動にかかるコストとなる交通費や移動時間の削減、遠隔地から訪れる事で宿泊が必要になった時の宿泊費用の削減が出来ると言ったメリットも在ります。最近は海外に拠点を設ける企業も増えている事からもインターネットの接続環境が在ることでどこからでも会議に参加が出来ると言ったメリットを持ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*