経費を大幅に削減できるウェブ会議

社内でスタッフが仕事をするということは、会社の利益のために仕事をするということになりますが、不利益なこともかなりあります。例えば、単純に思い当たる内容としましては光熱費、トイレの水道代などの細かい内訳やスタッフの通勤のための交通費支給などもあります。もしスタッフが在宅で仕事をするようになったらこのような費用が削減できることになります。スタッフ側はどうでしょうか。

通勤しなくて良いため通勤時間が自由時間になり、朝はのんびり起きられます。満員電車の通勤ストレスが無くなります。お昼ご飯は家で安いメニューで済ますことができますし、子供と一緒にいる時間が増えます。デメリットとしては自宅のトイレを使用しますから水道代がかかりますし、自宅のパソコンで仕事をしますので電気代やインターネット代がかかります。

その面は会社と相談して経費という名目で請求できる企業が多いです。ウェブ会議という方法ができてから在宅勤務方式を利用するスタッフが増えてるのは統計でも一目でわかります。ウェブ会議というのはインターネットを使ってパソコン画面を通してスタッフとテレビ電話のように会話ができるという会議方法です。お互いの顔がわかるので電話やメールと違い相手の雰囲気が伝わりますし、自宅で作成したプレゼンテーションの資料をもとに企画をアピールすることも可能です。

ウェブ会議をする時間を決めておき、それ以外は自由に作業できるという日課なので、自由時間の間に子供を幼稚園に送り迎えしたり買い物や掃除をすることもできるのがメリットです。残業や休日出勤などで家族とコミュニケーションを取れないスタッフにしてみれば、経費として請求して誤差が出た差額なんて大した問題じゃない、というくらいに嬉しいシステムのようです。雇用主とスタッフが相互に納得できれば今後も在宅勤務を継続したいという企業が増えてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*