ウェブ会議の便利なところ

リモートワークが可能な会社では、チャットやビデオ通話などのウェブ会議は当たり前です。社内の会議はもちろん、クライアントとのやりとりも済ませることができます。もちろん、リモートワークに限定せずとも、ウェブ会議はとても便利なものです。ウェブ会議の大きなメリットは、離れていてもインターネット上でメンバーが集まって会議ができること。

台風や体調不良などにより一時的に出社が困難な場合、自宅から会議に参加する事ができます。クライアントとの会議において、移動の手間が省ける点も大きいです。短時間で済む会議であれば、往復一時間もかけずにウェブで完結させたほうが、お互いが移動時間を無駄にすることもありません。また、交通費のような経費の削減も可能です。

一番手軽な手段はチャットでのコミュニケーションですが、ビデオ通話のほうがキーボードを打ち込む手間もなくメンバーの雰囲気を汲み取りやすく会話がスムーズですし、サービスによっては画面共有ができる場合もあるので大変便利です。ただ、せっかく集まっても、メンバーのインターネット接続状況が悪く音声をうまく聞き取れずに、会議に支障が出てしまう場合もあります。また、手元の資料やボードなどに書き込み見せ合うような作業をしたい時などの、ウェブではなく実際にその場に集まるほうが進行しやすい場合もあります。ウェブ会議は大変便利なものですが、メリットだけでなくデメリットも踏まえた上で、ウェブ会議を取り入れる会議と、その場に集まる会議を分けると良いでしょう。

一度だけでなく色々なパターンで試すことで、最適な会議の方法が見えてくるかもしれません。チャットボットのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*