WEB会議とテレビ会議を比較する

会議システムは大まかに分類するとWEB会議とテレビ会議に分けられますが、自分の会社にはどっちが向いているのかは会議システムを使って何をしたいのかということによって決まります。何をしたいのかということを明確にしないまま会議システムを導入して後々後悔することがあります。自分の会社がWEB会議とテレビ会議のどっちが向いているのかや、どんな機能を持ったサービスを比較したり、選んだりするときにはまず、会議に参加する人員が何人ぐらいのことが多くなる予定なのかを明確にします。次に、会議は月に何度くらいなのかという会議の頻度についても明確にします。

そして会議がどのくらい重要なのかということも明確にします。役員会議などの重要な会議は音声や画面の品質が高く、通信が途切れにくいテレビ会議システムの導入が向いています。役員会議などの重要な会議は高賃金の参加者が時間の余裕がない中で集まるため通信が中断するのは非効率的です。ただし、例えば六名ほどの役員だけが月一回行う役員会議のためだけにイニシャルコストが高額なテレビ会議システムを導入するのかをよく考える必要があります。

役員会議の他には一人に対して一人の打ち合わせや、一人に対して二人くらいのミーティングを二日に一度のペースで行う予定であればイニシャルコストがかからないWEB会議システムを導入して、役員会議は今までどおり本社に集まって開催した方が、コストパフォーマンスはいい場合があります。チャットボットのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*