webデザイナーの選び方

今の時代は企業活動を行ううえでインターネットの活用は必須条件です。どんな企業であっても認知されることが大前提だからです。例えば、ごく普通の消費者がなにかの商品を探すとき、最初にする行動はネット検索といっても過言ではありません。まずはネットで情報を集め、それから少しずつ絞り込んで納得できる商品を決定します。

これほど重要なインターネットですので企業は自社のサイトを持つことは最低条件です。そして、次に重要なことは消費者に見てもらえるサイトを作ることです。そのために必要なことは訪れた人が動きやすいサイトの構成を作ることです。言葉にするのは簡単ですが、IT知識がない人には容易ではありません。

せっかく自社サイトを作成しても誰も訪問してくれないサイトでは意味がありません。ですから充実したサイトを作成するのですが、そのためには専門のwebデザイナーに依頼するのが最もよい方法となります。しかし、ここで問題があります。それはwebデザイナーの選び方です。

なぜならwebデザイナーにもその実力には「ピンからキリ」があるからです。もちろん「キリ」の人に依頼してはせっかく専門家に依頼する意味がありません。今のIT状況の中で専門家の実力を計る目安になるのは「レスポンシブデザイン」です。自社サイトに訪問者を誘導するには検索で上位に入る必要がありますが、そのランキングに「レスポンシブデザイン」という要素が大切になっているからです。

これを簡単に説明しますと、サイトがPCでもスマートホンでも問題なく見られるように構成することです。webデザイナーを選定する際はレスポンシブデザインをできる人に依頼することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*