webデザイナーが使う道具

webデザイナーといえばアドビ社のPhotoshopやイラストレーターなどをよく使っていますが、それらに加えてホームページを組み上げるソフトが良く使われています。ホームページを組み上げるソフトと言えばアドビ社ならDreamweaverがよく使われています。これらのソフトウエアはHTMLを書くこと無く、デザインを組み上げられます。Photoshopとの連携もしやすく、できたパーツを組み上げ、場合によっては画像の圧縮など、ホームページの最適化までを行ってくれるソフトウエアです。

webデザイナーは自身が持つデザインのイメージを形にしていく仕事です。一般的なデザイナーとwebデザイナーが違うのはwebデザイナーの場合はデザインそのままのデータを見せられない場合が多いことです。ホームページでもブログでもPDFでも必ず容量制限があります。可能な限りサイズを落とすことは見る側にとって見るための時間が短くなりメリットがあります。

特に初めて見るホームページの場合は視聴までに数秒かかっただけでも見てもらえないことがあるほどです。一般的なデザインとは違い、画像を圧縮することで画質は劣化します。その劣化を出来る限り抑えてきれいな画像を見せられるかもツールの力とも言えます。また、PC以外にもスマートフォンでのホームページやブログ視聴が増えていることから画像についてもさらに圧縮したり、スマートフォン用にデザインまで変えることもよく行なわれます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*