就職先としてのwebデザイナー

webデザイナーを募集している場合がとても増えていますが、webデザイナーは資格があるわけではないので実力本位で採用されるかが決まります。また、webデザイナーとして独立して活動する方もとても多くいます。インターネット上での仕事はwebデザイナー以外にもアプリケーションを作るプログラマもいますが、独立して活動している点ではwebデザイナーの方が圧倒的に多いようです。独立もしやすい職業ですが、所得の面ではまだまだ難しいことが多いようです。

企業に努める場合はホームページやブログの製作数に関係なく給料がもらえるのですが、独立した場合は完成して入金があって初めてお金が手元にやってきます。しかも、WEB関連の仕事は多いとはいえ、単価が下がっているために数をこなさないと生活もままならないという方も多いようです。デザイナーという職業は独立がし易いのですが、成果物に対しての評価がとても厳しい仕事です。そのため、評価が高いホームページデザインと一般的なデザインとでは見積価格が2桁以上異なることもざらです。

手に職がつく仕事ですが、所得差が大きいことも頭に入れとくと良いです。逆に言えば学歴に左右されず、デザインがよければ仕事が得られますので実力本位で勝負したい方には魅力があるようです。ただし、デザインはしたいが安定も欲しい場合にはデザイン事務所などへの就職も多いです。技術を学べますし、実績も積めるので最初はデザイン事務所への就職をオススメします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*